プリハードン鋼  (ぷりはーどんこう)     [h27]

【用語の意味】

すでに熱処理済みで、硬さが調整されて販売される鋼材。多くは、機械加工ができる硬さ(45HRC程度以下)のものが主流で、プラ型(プラスチック成型用金型)鋼や鍛造型鋼などがある。


【補足説明】

日立金属ではHPM**、大同特殊鋼ではNAK**などのように、プラスチック金型用に専用の鋼種が販売されています。通常はそのまま機械加工して使う用途向けです。プラスチック型では高い硬さが必要でないものも多く、オーステナイト系のステンレスをそのまま機械加工して使用する場合もありますが、これらはプリハードンとは呼ばないのが通例で、焼入れ焼戻しをして硬さを焼なまし状態以上に上げている鋼種を「鋼材メーカー」がプリハードン鋼と名付けているようです。
これを用いるのは工程や加工費用の低減のためですので、50HRCを超えると機械加工が大変なので、それ以下の硬さのものが多いのですが、鍛造型などでは鋼材店の在庫として、熱処理済みの鋼材が古くから流通しています。


↑記事のTOPに戻る