表面硬さ (ひょうめんかたさ)        [h21]

【用語の意味】

金属表面の硬さ。通常の熱処理硬さ検査は表面硬さを測定する。これに対して、切断面を測定する、断面硬さ・内部硬さ・・・などもある。


【補足説明】

ロックウェル硬さ計による測定例熱処理品の硬さ検査」において、断りがなければ表面硬さを測定することである。
また、写真のように硬さ測定用の荷重が鉛直に加わる必要があるので、品物が測定用アンビル(検査台)に安定する平行面で測定することになる。
例えば、熱処理後の硬さ指定を60~62HRCとした場合は、測定面の硬さが60~62HRCの範囲にあることが保証されているのであって、品物全体がその硬さになっているということではないことを理解しておく必要がある。
これは品物の特性に反映するので依頼者(または設計者)が理解していなければならない事であるが、特に鋼種の持つ「焼入れ性」について、熱処理をした時の品物の状態がわかっていなければならない。
「製品全体保証」が求められる場合にこのような硬さの範囲指定が問題になることがある。熱処理検査位置と違うところの硬さを測ると、指定範囲に入っていない・・・などのケースである。しかし考えてみると、熱処理を正しく行っても、材料の持つ焼入れ性や品物の大きさによって、各部分での硬さが均一になることはない。さらに、測定方法によっても変わる。このために、製品保証する場合は、それらを含めて事前に取り決めする必要があるのだが、これらを事前に協議して決めるには、依頼者と受け手側双方ともにかなりの知識と経験、技術力が必要になる。


↑記事のTOPに戻る