ひも付き (ひもつき)        [h18]

【用語の意味】

鋼種やその仕様に応じた鋼材が、メーカー~鋼材問屋~需要先で取引方法が定まっている流通形態を言う慣用的な呼称。これに対して、一般に流通する鋼材を「市中品」「店売り」などと呼ばれる。


【補足説明】

JISなどに規定されている内容のものは、最低限の大枠の品質等が規定されているだけで、実際に流通・販売される鉄鋼種は化学成分や形状が異なったものは無数にあるといえるので、当然、特定の流通経路をとらざるを得ない場合が多い。一般鋼材や構造用鋼でも、鋼種・形状・寸法に応じて取り扱い問屋(鋼材店)が決まっているのが通例である。
鋼は、基本的にはこのように特定のルートで取引される。このメーカーから売り先までが決まっている流通形態を「ひも付き」と呼んでおり、ある時点で販売店などが在庫を持って一般に販売する場合は、その品物は業界用語で「店売り」「市中品」と呼ばれる。
工具鋼では仕様が標準仕様と少し変わったものや特殊な使用を付加してメーカーに要求する場合が多いので、このような閉ざされた販売ルートをとる傾向が強く、当社でも、製品仕様書を取り交わして鋼種を購入する場合は、自社鋼種名をつけることも多く、このような鋼種が一般市場に出回ることがない。
このために流通している鋼種を全把握するための、例えば「鋼種辞典」のようなものがないのも仕方がないことなのかもしれない。


↑記事のTOPに戻る