火花試験 (ひばなしけん)        [h16]

【用語の意味】

グラインダーで鋼の表面を削った時の火花の様子や形状で、鋼種や合金成分を判定する試験方法。技能と熟練度が要求されるが、安価で簡便な分析法である。


【補足説明】

JISなどで火花試験方法が解説されていますが、現実的な考え方は、「化学成分が既知の鋼と試験する鋼を比較すること」につきます。
一般的には、①花の咲き方で炭素量を見る ②花の形状や火花の色で合金元素の種類や量を推定する・・・ということになりますが、グラインダーの種類や回転数、照度などの部屋の環境、鋼材の熱処理のあるなし・・・など、いろいろな要素で火花の状態が変わります。このため、かなりの熟練度が必要です。
しかし、数種の成分のわかった試験片があれば、少し慣れれば、異材判別やどれに近いか・・・などはわかるようになります。
山本化学工具研究社から、15鋼種ほどの試験片(約5万円程度)が発売されているので、それらを用いて練習することもできます。
熱処理技能士の資格を取るには、その判定能力が必要ですが、技能士であっても詳しい判定能力のある人は減ってきていますので、当社ではポータブルの蛍光X線分析計で鋼種判定することが増えています。


↑記事のTOPに戻る