ひずみ取り焼なまし(ひずみとりやきなまし)   [h15]

【用語の意味】

歪み除去のために、荷重をかけながら加熱する処理。焼入れ品では、焼戻しを兼ねるか、焼戻し温度以下で外力を付加して行うのが通例。応力除去焼なましと混同される場合も多いが、これは、矯正や加工後に、その応力を除去するために、焼戻し温度以下で行う場合の意味合いが強い。(参照:応力除去焼なまし)


【補足説明】

しばしば、矯正時の応力を緩和するために行う低温焼なましの「応力除去焼きなまし」と混同されることが多い。ひずみ取り焼なましは、本来、ひずみを取るための焼なまし操作で、ひずみ取り作業が主体である。
「焼なまし」という言葉には「やわらかくする」という意味合いが強いが、ひずみを取るために温度を上げてひずみ取りをするということになる。プレステンパーと呼ばれる、治具に品物をセットして焼戻しを兼ねてひずみ取りをする場合もこのひずみ取り焼なましである。
それに対して、冷間でのひずみ取り品などが、のちの加工中に「振れ」などが出ないように、焼戻し温度以下の)というように、硬さや性質を変えないように操作する意味合いも含まれて「低温焼なまし(または焼戻し)」をするのは、応力除去焼なまし(または焼戻し)という。
混同して用いられる場合も多いので、熱処理の目的をはっきりさせて熱処理依頼をするようにするとよい。


↑記事のTOPに戻る