微小硬さ  (びしょうかたさ)         [h13]

【用語の意味】

測定荷重が200g程度以下で測定される硬さ。通常の熱処理では、マイクロビッカース微小硬さ試験機などで測定するものを指す場合が多い。


【補足説明】

マイクロビッカース硬さ試験はビッカース硬さ試験を低荷重で行うようにした試験機で、通常、鏡面仕上げをした測定面に四角錐のダイヤモンド圧子を押し込んで圧痕を顕微鏡で拡大してその大きさから硬さを測定するもので、焼入れ品の表面からの硬さ推移などの微小部分の硬さ測定に用いられる。
非測定物の硬さが高い場合は圧痕の大きさが小さくなるなどがあって、非測定物に応じて荷重を選定する。
近年は一連の測定が自動化されている機器もあり、特に、圧痕径を目視で読み取るには熟練が必要であるが、それらを自動化することで、硬さの精度向上が図られてきている。


↑記事のTOPに戻る