非金属介在物 (ひきんぞくかいざいぶつ)    [h12]

【用語の意味】

鋼の凝固過程で、鋼中に析出したり巻き込まれるもので、A系B系C系などに分類される。快削鋼などの特殊用途鋼を除き、いずれも、少ないほうがよいとされる。


【補足説明】

非金属介在物は鋼の製造中に生成されるもので、加工により粘性変形したA系(硫化物、ケイ酸塩など)、集団で粒状に不連続なB系(アルミナ系)、不規則に分散するC系(酸化物系、炭窒化物系)など様々なものがあり、それらの多くは、鋼の均一性をそこない、強度やじん性などを低下させるものとされており、一般的にはそれが少なく均一に分散されるのが良いとされる。
これは非金属介在物が応力集中源になり破壊や変形の起点になるという考え方であるが、これを完全に除去するのも難しく、生成したものを小さく分散させる方法などで鋼の品位を下げない(高品質な鋼を製鋼する)努力がされている。
その観測方法については、今日では顕微鏡画像がデジタル化して画像解析することでその種類や数量を算出できるが、一般的な説明としては、(JISなどにも定められているが)、組織を顕微鏡で目視観察しながら標準的非金属介在物の形状と組織内のものを比較して種類を判定し、その数や量を計数する。
「清浄度」は顕微鏡視野内ので非金属介在物の割合を%で表したものである。


↑記事のTOPに戻る