半冷曲線 (はんれいきょくせん)           [h11]

【用語の意味】

日立金属では、鋼材の焼入れ性を、焼入れ温度と常温の中間温度(半冷温度)になるときの硬さで評価しており、これを半冷曲線と呼んでいます。これを用いて、大径材の表面や中心硬さを推定することもできます。


【補足説明】


これは、焼入れ性が非常に高いSLD(SKD11)の空冷で焼入れしたときの半冷時間と硬さを表した図の例です。
SLDの焼入れ温度1020℃として、常温が30℃とすると、半冷温度は(1020+30)÷2≒525℃ですので、φ200の丸棒中心が525℃になるまで60分かかっていたとすると、①その中心硬さは52HRC程度になっていることや、②中心部が60HRCの硬さにするためにはφ100の材料を用いて、28分以内に525℃以下になるように冷却する必要がある…ということなどを推定できるものです。しかし、これらは、主に焼入れ性の良い鋼種に作成されていますので、油焼入れしないと硬さが入らない鋼種などの半冷曲線はほとんどありません。
ここでは示されていませんが、さらに、空冷で十分な硬さが出ない大きい品物の場合は油冷することで冷却速度が上がって硬さが出るようになりますが、油冷の場合の棒径と硬さについて示した図なども作成されています。
ほとんどの熱処理品の硬さは表面硬さしか測定できませんので、中心硬さが推定できることはありがたいことです。


↑記事のTOPに戻る