刃物鋼 (はものこう)           [h09]

【用語の意味】

JISの用途分類にはないが、刃物用途に使用される工具鋼の総称。


【補足説明】

特殊鋼メーカーの日立金属では、高級刃物鋼のカタログを発行していますが、そこには炭素鋼系、合金鋼系、ステンレス系から炭素量が3%に達する粉末工具鋼系の材料などが掲載されています。ここでは「ノミやカンナ刃、包丁」などやカスタムナイフ用などを対象にした冷間で用いる工具鋼が主体ですが、当社の加工品部門では、鋼板などの鉄鋼せん断用刃物をたくさん作っており、高速度鋼や熱間・冷間ダイス鋼系の材料などを多用しています。このように、あらゆる工具鋼分野の材料が刃物鋼として使われていることになります。
カスタムナイフの製作を趣味とする方も多いのですが、近年、これをハイスやマルテンサイト系のステンレスなどの高価な鋼材を使って作る人が増えているようです。


↑記事のTOPに戻る