バッチ炉 (ばっちろ)           [h07]

【用語の意味】

熱処理では、一定の品物を炉内に入れて加工することを「バッチ処理」と呼び、当社では、通常は横型の炉をさすことが多い。それに対して縦型の炉は「ピット炉」と呼んでいる。これら「バッチ」に対しては、連続的に処理する「連続炉」がこの言葉に対応している。


【補足説明】

熱処理にかぎらず、装置を作っている会社であれば勝手にネーミングをするので、自動バッチ炉や連続バッチ炉と呼ばれるものもあり、何が正しいのかよくわからない。
最近ではコンピュータ用語でバッチということを耳にするが、[batch]の意味を辞書で引くと、パンを焼く場合の「ひと窯」のような意味があるので、そんな意味合いで名付けられたような感じがする。


↑記事のTOPに戻る