オーステンパー       [a24]

【用語の意味】

焼入れ冷却時に、パーラートノーズ温度以下からマルテンサイト化温度までに保持して変態させた後に空冷する熱処理法。強靭性付与効果などがある。

【補足説明】 

CCT曲線の例
この図はS曲線といわれるもので、品物を800℃から300~400℃のソルトバス中に焼入れし、そのまま保持してベイナイト変態が完了するまで恒温保持して、その後常温にした時の組織の状態が書かれている。
オーステンパーは、このような恒温で変態させる方法を利用して均一なベイナイト組織にすることで、硬さやじん性を調整する方法であるといえる。

上図のS状の左に飛び出した部分を「パーライトノーズ」と呼び、この処理では、冷却中にその線にかからないように冷却する必要がある。この図では550℃のノ-ズの温度まで1秒程度で冷やす必要があるので小さな品物でないと不可だが、高炭素鋼や合金鋼ではパーライトノーズが右の長時間側に寄るのでこの処理はさらにやりやすくなる。

恒温にする温度の違いによってベイナイト組織は変化し、温度が低めになるほどマルテンサイトの性質に似てくるし、等温変態させるまでに時間がかかるようになるので、目的組織になるように適当な温度を保持して、その後に空冷するなどいろいろなバリエーションも行われる。

これらの恒温処理は、通常の熱処理炉では難しいので、この検討もあまり進んでいないが、熱間圧延などの工程に組み込んで恒温処理する方法などが検討されている。

高速度工具鋼の焼入れで550℃程度の熱浴(ソルトバス)に焼入れする方法も慣用的に「オーステンパー」と称する人もいるが、これは、等温保持した後に空冷してマルテンサイト変態させるためのものなので、「熱浴焼入れ」と呼ぶのが適当といえる。


↑記事のTOPに戻る