インゴットパターン        [a10]

【用語の意味】

マクロ組織観察などで、製鋼時の造塊・凝固の際の成分の偏りなどが目視できるもの。

【関連する用語】
ミクロ組織
【補足説明】 

製鋼時に鋳型を使用して鋼塊を作る際に、中心部は最終に凝固するために偏析(成分等が偏ったもの)が生じやすい。通常は、後工程の熱間圧延や鍛造などでこれを破壊して分散させるが、鍛伸方向は長手方向の伸延がほとんどのために、例えば丸棒鋼などでは中心部にはっきりとした模様が残る。
断面を研磨後腐食して目視観察するマクロ組織観察では圧延(圧下)の跡を示す模様がみえる。これをインゴットパターンや中心偏析という。
ミルシートにある化学成分値は「レードル分析」という、鋳込み前の溶湯時の値であるので、インゴットパターンがみられる中心部は成分や機械的性質は違っているので、一般的にはインゴットパターンが生じているのは良くないとされる。
近年は、量産鋼においては連続鋳造が主流になっているため、インゴットパターンがみられることは非常に少なくなっている。


↑記事のTOPに戻る