アンダーハードニング      [a07]

【用語の意味】

高速度鋼を正規の焼入れ温度よりかなり低い温度で焼入れし、低温焼戻しすると、高じん性が得られるという。しかし高速度鋼本来の特性が損なわれることなどもあって、近年では行われていない。

【関連する用語】
マトリックスハイス
【補足説明】 

通常の高速度鋼(ハイス)は耐熱性、耐摩耗性を得るために、例えばSKH51では1150℃以上での焼入れが行われる。これに対して、アンダーハードニングは1030℃程度と、通常の冷間ダイス鋼と同じ焼入れ温度で200℃程度の低温焼戻しをすることで、シャルピー衝撃値が通常焼入れのもと比べて1.5~2倍の高いものが得られる。
しかし、高温焼戻しをしたものに比べて耐熱性や高温強度、耐摩耗性が劣るために、近年はマトリックス系と呼ばれる成分系を変えたハイスが開発されてきたために、本来のアンダーハードニングは影を潜めていった。
ただ、SKH51について言えば、JISなどの標準焼入れ温度は1200℃程度と高いが、割れなどの対応のために硬さを低くする品物が増えていることもあって、当社では焼入れ温度を低めにすることで対応したところ、製品寿命が安定するという評価も多かったたことから、現在でも低めの焼入れ温度を採用することは多い。


↑記事のTOPに戻る