アルファ鉄(α鉄)   [a05]

【用語の意味】

純鉄。約911℃以下で安定な状態の鉄。体心立方晶。他の元素を含む場合は、フェライトとも呼ばれる。α鉄、純鉄、フェライトは同意で用いられることも多い。

【関連する用語】
フェライト  オーステナイト
【補足説明】 

純鉄【注1】は体心立方晶で磁性があります(常時性)ので、優れた磁性材料になります。
その温度を徐々に高めると約800℃の手前で磁性が消失します。(消失する温度をキュリー点と言います)また、約910℃を超えると面心立方晶のγ(ガンマ)鉄(オーステナイト)に変化します。
磁性を失ってからγ鉄になるまでの温度域の鉄をβ(ベータ)鉄という場合があります。(α・γが特徴的ですが、βは特に重要ではありません)
もちろん、純鉄は炭素を含みませんので、焼入れ硬化しません。
【注1】鉄(Fe)は純粋のものが得られにくいため、このあたりの温度は少しの成分差で変わるために「約」としています。

鉄―炭素系2元平衡状態図

↑記事のTOPに戻る