亜共析鋼(あきょうせきこう) [a01]

【用語の意味】

共析鋼(約0.8%Cの炭素鋼)より炭素量が低い鋼。例えば、S45Cなど。
これに対して、SK105(C%=1%)のように、炭素量が0.8%以上の鋼は過共析鋼という。

【関連する用語】

共析   オーステナイト   セメンタイト  


【WEB記事を利用した補足説明】
亜共析鋼の例

亜共析鋼の焼なまし状態の顕微鏡写真の例で、黒っぽく見える部分は共析のパーライトで、白い部分がフェライトと呼ばれる部分。白い組織があると亜共析鋼と呼ばれる。
パーライトはセメンタイト(Fe3c:この3は小さな3)と呼ばれる炭化物とアルファ鉄(フェライト)が層状になっている組織で、焼なまし温度から徐冷されるときに共析のパーライトが析出して、残りがフェライトのまま残ったのがこの写真の組織である。
共析鋼は組織全体が共析のパーライト組織になっており、白いフェライトがない組織となっており、それ以上の炭素量になると、過共析鋼と呼ばれ、結晶粒界に粒状のセメンタイトが析出する。


↑記事のTOPに戻る