熱処理の取扱内容

熱処理対象

材料(素形材)熱処理
製品(部品)熱処理

当社では大型品や粗削り品など、熱処理後に加工されるものに対して大気雰囲気(大気中で加熱する)で行う熱処理を「材料(素形材)熱処理」と呼んでいます。

また製品熱処理は、表面の酸化や変質を防止するために、雰囲気調整(無酸化・真空・塩浴など)をした設備を用いて行う熱処理です。

取り扱い材料

構造用鋼
ステンレス鋼
工具鋼・高速度鋼
その他の鋼
アルミ・アルミ合金
チタン・チタン合金
鋳鉄・鋳鋼
その他の材料

鉄鋼製品については、国内外の製鋼メーカー、製鉄メーカーその他特殊品のメーカー製品をお取扱いしています。粉末製品、フェロチック、非鉄合金などについてもお受けしています。

△の材料や表示のない品物については事前にご相談ください。

熱処理及び付帯加工の種類

加工 空気 雰囲気 真空 ソルト
焼入れ
焼戻し
焼なまし - - -
焼ならし - - -
サブゼロ・クライオ - - - -
ショット(研掃) - - - -
浸流チッカ - - - -
ひずみ(曲がり)取り - - - -

◎の熱処理等は常時行っています。

その他、溶体化処理、時効処理、部分焼入れ・部分焼戻し、応力除去処理、脱磁処理など、鉄鋼に関する各種熱処理も随時に実施しております。特殊な熱処理や 加熱に関する試験・試作品のについては事前にお問合せください。

「雰囲気」は窒素ガスの無酸化雰囲気、「真空」は窒素ガス併用の無酸化雰囲気を示しています。

高周波焼入れ、浸炭加工、特殊な表面処理などその他の熱処理についての外注委託加工のお取り扱いも承ります。

熱処理とは

品物の性能を決める、そのために「安心熱処理」

熱処理とは、温度の上げ下げによって製品の硬さや性質を変えるための操作のことを言います。

当社は熱処理部門を含めてISO9001の認証を取得しており 、それに基づいた確実な熱処理を実施しています。

日常に行っている大半の熱処理は、「鉄鋼の一般熱処理」のうち、硬さなどの機械的性質を変化させる 「焼入れ」「焼戻し」ですが、そのほかに、硬さ、組織、鋼の持つ性質などを変化させる、「焼きなまし」「焼ならし」「溶体化処理」「窒化」「応力除去」など、 さまざまな熱処理を行っています。非鉄金属等についても取り扱っていますので、お問合せいただければ、最適な熱処理についてご案内させていただきます。

熱処理の目的

鉄鋼の熱処理の主な目的は3つあります。

  1. 1.硬くしたり柔らかくするなどの機械的性質の変化をさせる。
  2. 2.錆びにくくしたりする物理的な性質を変化させる。
  3. 3.表面改質(表面処理)などで、別の特性を付加する。

多くの場合は、「材料(鋼種名)」とその使い道が決まっていればそれに対して行うべき熱処理の種類や内容はほとんど決まっています。 熱処理用語などは分かりにくいものが多いので、自社にない設備の熱処理についてもご案内させていただきますので、まずはご相談ください。