第一鋼業における刃物加工の強み

「熱処理」を知って「材料」を選ぶ力

金属せん断刃物、金型類、機械部品などに使用する鋼材は、 構造用鋼・工具鋼・ステンレスなどの様々な鋼種が使用されていますが、要求される強度などの 機械的性質を付与するためには、各鋼種に応じた熱処理が必要です。 当社は国内外のメーカーから、ほとんどの材料を調達できます。また、その熱処理にも精通しています。


製品を作り出す過程では、材料選定~材料調達~機械加工~熱処理~仕上加工・研磨加工と 多くの工程を経て、最終的には品質が保証される必要がありますが、当社では、 加工部門、熱処理部門ともISO9001の認証を取得しており、これらの工程を、本社工場内で 一貫加工することで、品質だけでなく、持ち回りの費用や時間の節約などで、 お客様のご希望に沿った品物をお届けしています。

製造工程

業界トップレベルの安定性を誇る受注プロセス

  1. 1番目 受注
    使用目的、使用条件に合わせて図面・仕様を
    お打合せさせていただきます

    受注の様子

    次へ

  2. 2番目 製作設計
    受注仕様にもとづいて、鋼種、加工方法、熱処理方法、
    仕上方法などの製作に必要な仕様を決定します

    製作設計の様子

    次へ

  3. 3番目 素材選定
    素材履歴、鍛造比などを検討して、
    最適な材料を選定します

    素材選定「の様子

    次へ

  4. 4番目 鍛造
    鍛造が必要な場合には、鍛造比、機械加工代などを
    決定します

    鍛造の様子

    次へ

  5. 5番目 焼鈍
    鍛造後には、確実な焼きなましを行い、
    硬さ・組織を調整します

    焼鈍の様子

    次へ

  6. 6番目 切削
    熱処理をする品物には、必要な研削代やピッチなどの
    変寸を見越した寸法で機械加工します

    切削の様子

    次へ

  7. 7番目 熱処理
    鋼種と用途に応じた最適な焼き入れ、焼き戻しを行い、
    最適な強度にします

    熱処理の様子

    次へ

  8. 8番目 研磨
    仕上面性状や精度に適合する砥石を用いて、
    研削作業を実施します

    研磨の様子

    次へ

  9. 9番目 製品検査
    寸法、硬さ、外観、脱磁などを検査します

    製品検査の様子

    次へ

  10. 10番目 出荷
    製品を包装、納期・数量を確認して出荷します

    出荷の様子

お見積もりについて

使用する材質、熱処理条件(硬さなど)・検査方法・品質仕様・数量/重量・送料などを、個々にお見積もりさせていただきます。図面・仕様書などをご用意ください。
図面や仕様書等がない場合もご相談をお受けしています。もちろん、「見積・相談は無料」です。